女子力アップニュースまとめ
女子力アップニュースまとめ > セラミド > 発酵のチカラで潤うスキンケアアイテム6選

発酵のチカラで潤うスキンケアアイテム6選


発酵食品は腸活の強い味方です。でも食べるだけではもったいない。なぜなら米(糀)や大豆、乳酸菌など素材は発酵させることで美容成分が増えたり、活発に働きかけると言われているから。しかも発酵した成分は粒子が小さくなるため、お肌への吸収性や浸透性が高まり、より美白や保湿、エイジングケアなどが期待できるとされているのです。

そこで今すぐ試したい、発酵のチカラに着目したスキンケア商品を6つご紹介します。

shiro 『酒かす化粧水』

hakkobiyou_01.jpg
『酒かす化粧水』120mL 3,800円(税抜)

栄養たっぷりの酒粕は食べるだけでなく、スキンケアにも使われます。日本酒を作る職人である杜氏(とうじ)の手が白くて綺麗なのは酒粕にも含まれているコウジ酸のおかげだとも言われていて、そのせいか酒粕の成分が入った化粧水が注目を集めています。

なかでも日本の素材のよさを最大限に活かした製品づくりをしているスキンケアブランド「shiro」の『酒かす化粧水』は伝統ある老舗の造り酒屋「小林酒造」の純米酒酒かすを水に溶かして作るシンプルな処方で実現した、人気の酒かす化粧水です。吸い付くように馴染み、もっちり美白になると評判。お酒の香りが好きな人にはたまらないアイテムです。

カネボウ化粧品 『スイサイ ローション Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』

hakko_02.jpg
『スイサイ ローション Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』各150ml 参考価格1,960円(税抜)(編集部調べ)※画像はsuisai ローションⅡ

発酵と聞くと、米、大豆、乳製品というイメージですが、じつはブドウやゆず、レモンなどのフルーツを発酵させたエキスも人気です。

なかでも「カネボウ化粧品」の『スイサイ ローション Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』はセイヨウナシ(西洋梨)の発酵エキスが使われています。セイヨウナシの発酵エキスは保湿効果やハリ改善効果が期待されてコスメの原料になることが多いフルーツ。それに加えて、女性ホルモンに似た働きをすると言われている、イソフラボンを多く含む豆乳を発酵させたエキスも入っています。さっぱり、しっとり、もっとしっとりと、好みに合わせて3タイプから選べるのもうれしいですね。

コーセー 米肌『肌潤改善エッセンス』<医薬部外品>

kakko_-3.jpg
『肌潤改善エッセンス』30ml(約1~1.5ヵ月分) 7,000円(税抜)

米を発酵させてできた日本酒や酒粕をそのまま使うのではなく、メーカーが独自に作る米由来の発酵エキスもあります。たとえば老舗の酒蔵とコーセーが長年研究を重ね、最新のテクノロジーを駆使して生み出した、お米と発酵のチカラ「ライスパワーNo.11」もそのひとつ。医薬部外品の効能として「水分保持能を改善できる」と認められた唯一の有効成分です。

その「ライスパワーNo.11」を高濃度※に配合した潤いケアアイテムが『肌潤改善エッセンス』。大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスも配合しています。加齢とともに減少するセラミドを生み出す力を持ち、整ったキメと透明感のある肌へと導いてくれる美容液です。

※シリーズ比

ランコム 『ジェニフィック アドバンスト』

hakko_-4.jpg
『ジェニフィック アドバンスト』30mL  10,000円(税抜) / 50mL 13,500円(税抜)

発酵工程にはプロバイオティクスと呼ばれる、健康全般に良い効果を与える菌などの微生物の働きが欠かせません。そしてプロバイオティクスは身体の免疫防御を高めたり、アレルギーや炎症を抑制するなど、複数の効果が期待されています。

そんなプロバイオティクス由来成分を使うことで、ハリ、弾力感のある肌へ導くのが、「ランコム」の『ジェニフィック アドバンスト』です。日本女性のために開発された専用フォーミュラが、洗顔後すぐの肌(角質層)にみずみずしく浸透。肌が本来持つチカラに働きかける事で、ツヤ肌を保つサポートをしてくれる美容液です。

SK-Ⅱ 『フェイシャル トリートメント エッセンス』

hakko_05.jpg
『フェイシャル トリートメント エッセンス』 75ml 8,500円(税抜) / 160 ml 17,000円(税抜) / 230 ml 22,000円(税抜)

発酵美容と聞いてまっさきに思い出したのが、SK-Ⅱの中核をなす天然由来の独自成分「ピテラ™※」です。ある特別な酵母が独自の方法で発酵する過程で生成される発酵代謝液であるピテラ™には、ビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類などの栄養分が含まれていて、肌にとって有用な成分を、人工では決して再現できない理想的なバランスで含んでいるとか。

そんなピテラ™90%以上でできているのが、『フェイシャル トリートメント エッセンス』。肌にうるおいをもたらし、キメを整え、使うほどにしっとりなめらかな透明感のある肌へと導いてくれます。発売から38年目を迎えた今も愛され続けている、SK-Ⅱの名品です。

※ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分

A&C BEAUTE 『P.E ザ クイーン ゴールデンビューティーマスク』

hakko_06.jpg
『P.Eザ クイーン ゴールデンビューティーマスク』5枚入り(美容液17ml/1枚) 11,000円(税抜)発酵バイオセルロースマスク

発酵美容成分で集中トリートメントをしたいときはフェイスマスクがおすすめ。とくに一般的な不織布マスクではなく、独自の発酵技術を用いて作られたマスクに注目したいところ。

たとえば「A&C BEAUTE」の『P.Eザ クイーン ゴールデンビューティーマスク』は、ココナッツを主成分とし、食用菌により発酵技術を用いて作られたナノクラス植物繊維のシート素材。発酵美容成分と新フラーレン「モイストフラーレン」が高濃度配合され、不織布の100倍の繊維密度を誇るバイオセルロース素材のフェイスマスクだとか。ドクターズコスメだからこそ提案できる最先端成分を贅沢配合。そのこだわりを肌で直接感じたいものです。

発酵技術を化粧品に応用し、さまざまな形で商品化されている「発酵美容」のスキンケアアイテム。ひと口に発酵と言っても、その含まれる成分によって期待できる効果も異なるので、自分の肌のタイプに合ったものを選びたいものです。

image via Shutterstock

発酵のチカラで潤うスキンケアアイテム6選

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

引用元:この記事を読む




キーワード