女子力アップニュースまとめ
女子力アップニュースまとめ > シャンプー > 東京五輪の表彰台「再生プラ製」環境型の象徴に

東京五輪の表彰台「再生プラ製」環境型の象徴に


 2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は11日、一般家庭から回収した洗剤の空ボトルなどから再生したプラスチックで表彰台をつくると発表した。環境配慮型五輪の象徴に位置づける考えで、大会史上初の取り組みとなる。

 20年大会で用意する表彰台は、五輪とパラリンピックを合わせて計約100台。必要なプラスチックは約45トンに上るという。日用品メーカー「P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)」の日本法人が協力し、「イオングループ」のスーパーなど約2000店で19日から回収を始める。

 対象は洗剤やシャンプー、芳香剤などの空ボトルで、素材が異なる飲料用ペットボトルは回収しない。材料の一部には、生態系への影響が懸念されている海洋プラスチックごみも使うほか、東日本大震災の被災地にある仮設住宅のアルミの活用も検討する。

 デザインは大会エンブレムを制作したデザイナーの野老ところ朝雄さんが担当し、来年6月頃に発表する予定。

引用元:この記事を読む




キーワード